相性が良いビジネス

相性が良いビジネス ネットFAXと相性が良いビジネスは、同じようにWEB上でマーケティング活動をしている企業です。
基本的に、ネットFAXを導入している企業というのはコストダウンを目的として機械を仕入れています。
普通のファックス機のデメリットは、機械を維持するためのコストが非常に高くかかってしまうことです。
例えば、事務所を持たずにインターネット上でやり取りができる昨今のビジネスモデルだと、機械を準備して一つの場所に置いておくことにあまりメリットはありません。
それよりも、WEB上で高速に取引を行うことができるように機械を導入したほうが理に適っています。
実際に近年は、社員や役員が一つの場所や会社に集まらずにWEB上で顔をあわせて会議を行う方法も流行しています。
WEB上のビジネスでは余計なところに金銭を使わないのが鉄則であるため、ネットFAXを導入する企業も同じようにWEB上で活動をしている企業に向いていると判断できます。

相性が悪いビジネス

相性が悪いビジネス インターネットFAXは、当然ですが、常時接続されている環境でないと使用は不可能です。
書類をお互いに確認しなければならない作業は様々な産業で発生します。
山の建築現場、作業を開始しようとしてもWi-Fi環境が使用不可のような田舎だと不可能です。
最近はPCで図面を描くのが当たり前ですが、昔ながらの職人さんが設計図を手書きで作図しているのだと、まずは図面をスキャンしなくてはなりません。
様々な図面を使用してコミュニケーションを取らなければならない建築は、ほんの少しだけでも何かの条件が欠落しただけで仕事を進められなくなります。

そういう意味では建築現場は相性が悪いビジネスと言えます。
ネットは接続できない、あるいは接続できても接続環境が不安定な場所だと確実に接続が可能な通常のFAXの方が向いています。
また、画像を作り込んでから送受信するので、従来のカタログ通販も困難です。
お客様が気に入った商品番号を記入した紙をそのまま受信はできません。
ネットFAXは便利なサービスですが、克服しなければならない課題はまだいくつかあるようです。