インターネットFAXのファイル容量について

ファイル容量について 最近では、ネット回線を通じてファクシミリ機能をおこなう、インターネットFAXと呼ばれるサービスが展開されています。
この機能の大きな特徴と言えば、何といっても固定電話による回線に縛られることなく、どこでも気軽に送受信できるところにあります。しかも、FAXの機器そのものが不要でかつ、専用の回線を引かなくても利用できるメリットがあります。こうした利便性にもかかわらず、通信費の節約にも貢献しており、情報化社会のニーズに沿ったサービス内容が拡充しています。インターネットFAXでは、データをデジタル形式として管理しており、利用者にとってファイル容量が気になるところです。
伝送できるファイルは、PDFやGIF・マイクロソフトオフィスに準拠するファイル名で利用可能で、業者にもよりますが10MB程度の収容力があるものとなっています。
メールや画像のデータ1つをとってもKB単位なので、およそ10000KBと捉えておけば十分な容量とも言えます。

ネットFAXは複数で利用することもできる?

ネットFAXは複数で利用することもできる? 用紙を必要としない、専用機を使わないと多くのメリットがあるインターネットFAXですが、複数のメールアドレスに対して送信をしたり、逆にいくつかのメールアドレスを作って受信することも可能です。
多人数に送信する機能があれば、同じ内容のFAXを100件や1000件いちいち送る必要がなくビジネス用として非常に役立つと言えるでしょう。また、通常の機能と異なり維持費が安価なため、コストの面も優秀です。
複数の受信機能は、自分が使用しているPCやスマートフォンで受信できるようになるので自宅以外の外出先でも利用でき非常に便利です。部署毎の情報共有の点から、採用している企業も多くなっています。
一部の情報を特定の個人だけのものにしておきたい場合には、メールアドレスを変更することでその他の人にメールを届かなくさせることもできます。
注意点として、インターネットFAXのサービスを行っている企業はその全てが複数の送受信が可能になっているわけではないので、前もって可能かどうか確認しておきましょう。